Florian Claar

Waldmärchen is a combination of the German word ‘Wald’ (forest) and ‘Märchen’ (tales). A place between fiction and reality, between kitsch and solemnity. Large installations of wood, stage-like objects, sculptures and drawings, form an interwoven narrative in the former hydro-electric power-station. “Tableaux” is a series of new video-works, using 10 short pieces of music and the unique industrial features of the museum-building as starting-point. Architecture, landscapes, ancient tales and elements from popular culture connect to a colorful tapestry of fragmentary, yet connected stories. Mythological figures and SF Pulp characters moves equally through the urban density of modern cities. It is a diverse world. Gods and Monsters, real and fictional, inhabit this world. Tales found in the unconscious forests of different cultures and different ages, shaped by different minds. Strange tales, but somehow familiar and relatable; like revisiting ones own dreams

休館日:毎週月曜日(ただし、7/16、9/17、9/24、10/8を除く)7/17(火)、9/18(火)、9/25(火) 

開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで) 

料金:一般 600円(500円)、高大生 300円(200円)、中学生以下無料    ※( )内は10名以上の団体料金


Closed Mondays (except July 16,Sep.17,Sep.24,Oct.8) and days following national holidays  July 17 Tue.,Sep.18 Tue.,Sep.25 Tue.  

Opening Hours: 9:00 - 17:00  (Last admission at 16:30)

Admission: Adults 600 Yen; University and high school students 300 Yen;  Free for junior high school students and under

Waldmärchen

2018.7.14 sat.   -   2018.10.8 mon.

入善町 下山芸術の森   発電所美術館         Nizayama Art Park Power Plant Museum

Waldmärchen は、ドイツ語の Wald(森)と Märchen(物語)を組み合わせた 言葉です。虚構と現実の間、キッチュと厳粛の間に佇むもの。木材の大きなインス タレーション、舞台のようなオブジェ、彫刻やドローイングが、元水力発電所で、 関係し合いながら物語として現れます。「Tableaux」は、10 の短い曲と、美術館 を起点とするユニークな工業的特徴を用いた、一連の新しいビデオ作品です。建築、 風景、古代のおとぎ話、現在進行形のカルチャーなどの要素が、断片的でカラフル なタペストリーを織り成していきます。神話と SF 映画の登場人物が、ひしめき合 う現代都市の喧騒を通り抜ける。アルプスの岩が、太平洋の海岸にある、まるでそっ くりな岩の隣に鎮座する。というように。

多様な世界。神々と怪物、現実と虚構の存在。さまざまな人たちによって形作られた、 さまざまな文化とさまざまな時代との、無意識の森の中に物語が存在しています。 けれどそれは、どこかで見たような、自分の夢に再び足を踏み入れるような感覚を 呼び覚ます、不思議な物語。